読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フノノ旅する日記ブログ

The World is Wonderful!◯◯への一歩は必ず踏み出せる!

イブ爺のネタをもう少し!それからエルサレムへ( ´ ▽ ` )ノ

アッサラーム・アライクム!(意:平和があなたの上にありますように)

 

これに対する返事は逆にするだけ

アライクム・アッサラーム!(あなたの上にこそ平和がありますように)

 

ところでイブ爺に関するネタ話はもうちょっとあるので、

紹介したいと思います。

前回のに懲りずどうかお付き合いください....

 

ピースハウスはかれこれ30年間ほど続けているようで、

彼も活動をいろいろやってきたみたいです。

f:id:Funokainen:20160627220907j:plain

若いときのイブ爺 かなりイケメン...( ;´Д`)

 

活動の詳細は話してくれませんでしたが、

これまでの功績のおかげなのか各国へはパスポートは要らず招待状だけで

行けるとのことです。

 

ほんとかよ!!!??

 

また今月3日に死去したモハメド・アリの葬式には招待状をもらい

ニューヨークへ行ってきた(らしい)

 

f:id:Funokainen:20160627222005j:plain

寝ぼけてるのかたまに起きてはウェルカム!を連発します (笑)

 

最近心臓が悪かったからネコにくれてやったとか、

日本にも行きたですが、招待状がないから入れないとか云々カンヌン...

 

イブ爺のbelieve or not ネタは尽きませんでした!

 

翌朝、朝日を見るために屋上へ駆け上がると

どういうわけか腕にギブスを巻いた女性がいて一瞬ギョッ!としました。

 

尋ねるとウクライナ出身というその女性は泊まっているわけではなく、

近所にある本当のイブ爺の実家でお手伝いをしているらしい...

 

一体どこまでが本当でそうでないのか

全くもって謎が深まるばかりのイブラヒムピースハウス...

 

f:id:Funokainen:20160627225224j:plain

日が昇る砂漠の向こう側に死海があります

 

あなたも一度イブヒムピースハウスのドアを叩いてみては??( ´Д`)y━・~~

 

それではレヒトラオート!