フノノ旅する日記ブログ

The World is Wonderful!◯◯への一歩は必ず踏み出せる!

砂漠のトレッキングをしてきたよ!途中熱に侵されながら...(・Д・)ノ Final Day!

トレッキングもようやく最終日。

エイラットまでの距離も残すところあと8,9kmとなったDay Final。

 

一晩前から急に体調を崩し、咳と頭痛にうなされながら一夜を明けました。

風邪です。こともあろうことか砂漠のど真ん中で風邪を引いてしまいました。

 

心配したハベリーム(友達)は薬や水を持ってきてくれました(涙)

 

なんとか起き上がりますがフラフラで食欲は無く、

朝食はお茶しか飲めませんでした(´・Д・)」

 

こんな状態でトレッキングを続けるのも本当に無謀だとも思いましたが、

折角ここまで来たからと言う気持ちでなんとか歩き出します!

 

f:id:Funokainen:20161126175302j:plain

暑いはずなのに寒気を感じながら峠を越えに行きます!!! (T ^ T) 

 

風邪を引いたり、病で床に臥せっていたりしている様な身体が通常の状態ではない時、

普段考えない様な事が頭に浮かんだり、思い出したりすることって無いでしょうか?

 

みなに遅れを取りつつも必死の思いで渓谷の中を歩いていた時、一人様々なことを考えていました。

日本で働いていた時のこと...

イスラエルに来てからのこと...

これから自分はどういう人生にしていきたいかということなどetc...

 

そんなことを考えていたら前の方でなんだかワイワイやってるのが見えました。

なんだろうと思うと、友達がいつからあるか分からない水溜りにザブンしてます!!!!?

 

f:id:Funokainen:20161126190928j:plain

こっちのひとはこんなことばかりやってます!

 

さてそうこうしてるうちに渓谷も通り抜けいよいよ峠越えです。

 

この時の登りが本当に死にそうなくらいキツかったです。

多分熱はあったし、身体は怠いし、頭痛はするし、咳は止まらないし....

それでも自分でなんとか歩かないことには前に進みません!

強靭とは言わないまでも、体力のある身体に育ててくれた親に心から感謝です(T ^ T)

 

やっとの思いで峠を登り切り、休憩します。

直ぐさまザックにもたれて出発するまでとりあえず寝ます!!

休憩時は食べてエネルギー補給よりも寝ることに専念することにしました!!!!

 

f:id:Funokainen:20161126195012j:plain

 ようやくあとは下るだけ.....

 

下りきったところで昼の大休憩です。

またまた褐色の谷間で思いおもいに身体を休めます。

 

自分は腰を下ろすやいなや再び仮眠を取ります。

f:id:Funokainen:20161126200313j:plain

f:id:Funokainen:20161126201111j:plain

よくそんなところで休憩できるなー

危なさを超えてむしろ感心してしまいます 

 

どれくらい眠ったかわかりませんが、そろそろ行くぞいと起こされました。

 

エイラットまではもう少しです。

よく寝たせいか少し体調も回復したように感じます。

昨日に引き続き何千万年という年月をかけて雨で浸食してできた

渓谷を降りていきます。

ところどころ湿っていたり、わずかに水溜りが残っていたりしていて、

こういう場所では砂漠の動物、アイベックスが水を飲みに来ます。

 

f:id:Funokainen:20161126202913j:plain

f:id:Funokainen:20161126202922j:plain

そろそろ体力も限界に近づいてきましたよ...... 

 

渓谷を抜け平坦な場所をひたすら歩いていると何やら近づいてくるものが見えます。

何と迎えのバスがガンガン走ってくるではありませんか!!!

 

こんなとこまでバスが来てくれるなんてさすがだなー

 

f:id:Funokainen:20161126203856j:plain

f:id:Funokainen:20161126203901j:plain

 

ヤッタ!とにかく歩き切りました!安心感と疲れで座ってすぐ眠りこけました....

 

気がつくとエイラットのビーチに到着。

そこにはサマールのスタッフが大きな天幕を張ってビールやスナック菓子を

用意してくれていました(=´∀`)人(´∀`=)

 

f:id:Funokainen:20161126210146j:plain

f:id:Funokainen:20161126210153j:plain

 

みなと言葉を交わしビールを飲みます。

紅海には風が吹き、海面は小刻みに波打っています。

対岸のヨルダンサウジアラビア方面も綺麗に見えます。

 

トレッキングの機会をくれたキブツ、雄大な砂漠の景色、

風邪の自分を助けてくれたハベリーム、毎日食材を運んでくれたスタッフ、

海を見つめながら感謝の気持ちで心が満たされるのを感じます。

 

トダ ラバラバー!