読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フノノ旅する日記ブログ

The World is Wonderful!◯◯への一歩は必ず踏み出せる!

砂漠へ引っ越してきました!灼熱の大地だよネゲブ沙漠!

シャローム

 

日本も暑そうですが、

こちらはイスラエル南部・ネゲブ沙漠の端

にあるとある「オアシス」へ引っ越してきました!もう二週間前ですが...

f:id:Funokainen:20160712002257j:plain

裏庭からの景色 ヨルダン側から昇る日の光を浴びモルゲンロート状態になっている

 

どんなところに住み、どんなことをしているかは今後アップしていきます( ´ ▽ ` )ノ

 

兎にも角にもここはガチ沙漠です。

人生で沙漠に住むなんて思いもしませんでした。

 

まず今住んでいる周囲の環境がどんなところかザックリと紹介をしたいと思います。

 

一言でいうと暑いではなく、「熱い」です。

灼熱という言葉がピッタリ当てはまります。

 

今は一年で最も熱い時期であり、日中は40度を軽々超えます。

先日は夕方17時頃に43度を示していました!

 

f:id:Funokainen:20160712002259j:plain

裏庭 居住区を囲む有刺鉄線が何重にも張り巡らされている

 

日中は熱風がこの乾いた大地を吹き抜けています。

ハムシーンと言われるこの熱風がこの地方を覆う時、空は昼間でも銀色になります。

 

まるで巨大なドライヤーがMAXで風を吹き付ける感じがしています。

車の窓を開けてもひたすら入ってくるのは熱風と埃だけで!!!

 

こんな熱さと乾燥は梅雨で乾きにくい日本中の洗濯物に

ピッタリかもしれません( ;´Д`)

 

ところでこんな荒野にヒト以外に生命の存在を、正直感じません

沙漠の彼方を眺めているだけでは。

しかし、こっちのひとに聞くと様々な野生生物がいるそうです。

 

ジャッカルいーの

オオカミいーの

ガゼルいーの

キツネいーの

フクロウいーの

毒グモ、サソリいーの...

 

先週は岩をひっくり返したら、クモとサソリがハイブリッドした

いかにも危険そうなヤツを見つけました👇

f:id:Funokainen:20160713004307j:plain

 

夜にはハイエナがゴミをあさりに来るのとも言ってましたが、まだ見てません。

という具合に、ここは野生動物も多数共存している沙漠でもあります。

 

そしてここはお隣ヨルダンとの国境から直ぐです!(約2キロ弱)

ここに来た当初は隣の国が直ぐそこに見える環境に新鮮味を感じていましたが、それももう慣れてきました。

夕方になると東へ指す光が国境ライン上のフェンスによく反射しキラキラと輝いているのが見えます。

 

しかしこのフェンス、国境上に延々と続いていると完全に思っていましたが、

実はここから直ぐ見えるところで途切れています!o(`ω´ )o

友達が言うには3週間前まではもっと向こうで途切れており、どんどん最南端の

エイラットから果ては死海に向かって現在進行形で建設している模様です。

 

ということで、越境しようと思えば散歩感覚でヨルダン側へ行けてしまいます!

(絶対やってはいけません)

 

また別の友人はこんなこと言ってました。

「以前、フェンスが無い国境付近で遊んでたんだよね。

んで、気付いたら数メートルくらいヨルダン側に入ってしまってたらしいんだよ。」

(これも絶対やってはいけません)

「そしたらどうなったん?」

「そしたらすぐどこかからイスラエル軍がすっ飛んできたわーアハハハ」

「・・・・・( ;´Д`)」

 

 

f:id:Funokainen:20160712002302j:plain

f:id:Funokainen:20160712002323j:plain

国境フェンスに最接近 残り100メートル強

 

「もしフェンスに触っただけならどうなるん?」

「Try it now」

「いえ、やめときます!!!」

 

f:id:Funokainen:20160713013800j:plain

 ヨルダン側の山脈 ペトラ遺跡は向こう側にある

 

以上まとめてざっくり言うと...

⭐️灼熱の荒野

⭐️近所には多数野生動物が生息

⭐️ヨルダンとの国境はすぐそこ

 

という環境に引っ越してきました。

 

読者の皆さんどうぞ今後もよろしくお願いします。

 

それではレヒトラオート!